韓国歴史ヒストリア

韓国歴史ヒストリアは韓国の歴史/朝鮮の歴史辞典です。韓国ドラマランキングや韓国ドラマ年表など、硬軟取り混ぜて解説していきます。

*

王女の男 第11話 なぜカチェがない?

      2012/11/26

スポンサードリンク (sponsored link)   

王女の男(原題:公主の男:コンジュエ ナムジャ:공주의 남자)第11話。

安平大君(アンピョンテグン:안평대군)が亡くなりました。

史実通り流刑地の江華島へ行く途中に賜薬を飲みました。

人となりについては解釈の違いですのでドラマによって異なりますが、王女の男ではとても良い人として描かれました。

さて、その他の描写についてはほとんどがフィクションでしたので、今回は敢えて髢(カチェ:가체)について説明します。

チャン・ヒビン キム・ヘス

当サイトはトンイ考に引き続きご覧になっている方も多く、カチェについても既出なのでスルーしていたのですが、王女の男から韓国時代劇に入った方もいるかもしれないので、念のためということでおさらいします。

また、トンイ考を記述していた初期の頃はまだまだ知識も浅かったため、若干の修正を加えつつ説明していきます。

左上の画像はキム・ヘスが演じたチャン・ヒビンです。加髢(カチェ)といえば、このようなスタイルを思い出す方が多いと思います。

左の画像は王女の男に登場するメヒャン(매향)ですが、これもまた加髢(カチェ)になります。

加髢(カチェ)とは髪を加えること。または髪を加えた大きな頭の総称です。

問題はこの加髢(カチェ)がいつからなくなったかということですが、第21代英祖(ヨンジョ:영조)が1756年(英祖32)1月16日「禁士族婦女加髢」という令を出しています。この時は「士族」ですから両班(ヤンバン)の婦女子だけへの禁止令です。緊縮財政に努めた英祖の贅沢禁止令の一貫だったのですが、礼装時の使用は認められていました。

ここでちょっと面白い記述を披露しておきます。同日の一連の文章の中に「始自高麗, 卽蒙古之制也」とあります。加髢(カチェ)は「高麗の時代に始まった蒙古の制度だ」と言っています。高麗が元に征服されていた時のままの風習が残っていたということでもあり、一国の王として除去したい風習だったのかもしれません。

そして、約30年後の1788年(正祖12)10月3日に英祖の孫で第22代正祖(チョンジョ:정조) 李祘(イ・サン:이산)により「復加髢之禁」として、正式に加髢(カチェ)が禁止されることとなります。この時の令がまとめられたのが加髢申禁事目(カチェシンクムサモク:가체신금사목)です。

けれども、これも条件付きで、妓女(キニョ:기녀)など身分の低いものには許されていました。結局、完全に加髢(カチェ)が無くなるのは第23代純祖(スンジョ:순조)の代になってからとなります。

スポンサードリンク (sponsored link)   

ここでまた、ちょっと面白い記述を紹介しましょう。6年後の1794年(正祖18)10月5日の記述を見ると、正祖が左議政(チャイジョン)金履素(キム・イソ)に昨今の状況を聞くと「加髢(カチェ)は無くなったものの後頭部が大きく豪奢になってきたので制度を作らなければなりません」と、言っているのです。髪を下ろしたところで、派手に盛る女心は抑えられなかったようです(笑)

では、まとめに入りましょう。

  • 朝鮮は1392年から始まってますが、1756年までの364年間加髢(カチェ)が標準的な既婚女性の髪型です。
  • 初代の太祖(テジョ:태조)李成桂(イ・ソンゲ:이성계)から第21代英祖(ヨンジョ:영조)の途中までは加髢(カチェ)が標準的な既婚女性の髪型です。
  • 朝鮮王朝約500年の歴史の7割以上加髢(カチェ)が標準的な既婚女性の髪型です。

それではなぜ最近の映画やドラマは時代考証を無視して加髢(カチェ)を使用しなくなったのでしょうか?言ってみれば武士がマゲを結ってないぐらいのことをやってしまっているのですが、なぜなのでしょう。

まずひとつに女優への負担があげられます。いくらナイロンの模造加髢(カチェ)といっても、約2kgある重いものなのです。当然衣装やメイク担当にも負担はかかるし、撮影時間も押してしまいます。加髢(カチェ)が無いことで撮影の合理化が図れるわけです。

もう一つの理由が、ドラマを輸出するようになったからです。加髢(カチェ)が世界的に認知されたのは大長今のヒットによるものです。韓国のおとなりの日本人でさえ不思議な髪型と思ったのですから、他の文化圏ではとても不思議なものに見えたようです。そのため現代風の髪型に近い朝鮮後期の髪型を採用するに至ったのです。

それもこれもやり始めたのはイ・ビョンフン監督ですが、個人的にはあまりお気軽な時代考証無視はしてほしくないのです。一事が万事であらゆる部分に波及しますので。最近は過度な装飾などで食傷気味になっています。韓国の若い視聴者も加髢(カチェ)なしに慣れてきて、そのうちなかったコトにされるかもしれません(汗)

来月から始まる馬医も、第18代顕宗(ヒョンジョン:현종)の時代なのですが、もちろん加髢(カチェ)なしです。困ったものですね~(笑)

王女の男 第11話 なぜカチェがない?

[ad#ad-336×280]

スポンサードリンク (sponsored link)   

 - 王女の男 , ,