韓国歴史ヒストリア

韓国歴史ヒストリアは韓国の歴史/朝鮮の歴史辞典です。韓国ドラマランキングや韓国ドラマ年表など、硬軟取り混ぜて解説していきます。

*

韓国歴史系アクセス数40万突破してどうしようかと・・・

      2012/11/26

スポンサードリンク (sponsored link)   

♬当サイトも含めて、韓国(朝鮮)の歴史や韓国時代劇の解説サイトの月間アクセスが40万PVにいたりました。

皆さんも御存知のように、当サイト以外にも「トンイ考」「イ・サン考」など、テーマごとに小分けにして作っています。

その姉妹ブログ群の総ページビューが、現在のところ月間で35万~40万になっています。要はどこかのページが月間で40万ページ見られているということです。

大変嬉しいことです。本格的に記事を書きだして1年ちょっとだし、このサイトの最初の記事の日付なんて2011年10月1日ですから、まだまる1年もたっていません。テーマがテーマなので細々とやるつもりでしたが、意外に反響が大きく驚きを隠しきれません。

ただ、それはそれで問題も出てきてます。直近の問題はサーバーの問題です。サーバーは何個かレンタルしていて、年間数万円のものもあるのですが、不幸にもこの「韓国歴史」のサーバーは、一番安い類のサーバーで運営しているんです。

先述したように、当初は細々とやるつもりだったので、ここまでアクセスが増えることを想定していなかったのです。アクセスが増えると必然的にサーバーに負担がかかり、表示速度が遅くなったりします。レンタル料金の高いサーバーはこのあたりの負荷に強く、エラーも起こり難いのです。

また、このサイトはWordpressというブログシステムを利用しています。このシステムは無料ブログの運営元が持っているようなシステムで、まるまる最初からブログを構築できるんです。そして、現在「韓国ドラマランキング」でやっているように、小ブログを作ることができ、「Dr.JIN」「信義」のサイトなどは、そのようにして作っています。(現在「馬医」「大王の夢」も作っています)

当初このようにできることを知らなくて、この「韓国歴史」に関しては小ブログができるような設定にはしてなかったのです。この設定にするには最初が肝心で、途中からは切り替えができないのです。

スポンサードリンク (sponsored link)   

「韓国ドラマランキング」というサイトを作り始めたのも、現代劇と時代劇を分けて、時代劇は「韓国歴史」内で解説を行おうと思ったからなのですが、アクセスや使い勝手を考えても、小ブログスタイルのほうがいい感じなんですよね~。一つのサイトにいろんな記事がありすぎると、イマイチまとまりがないというか分かりにくいというか。

というわけで、どこかのタイミングで大工事を行う予定です。色々と準備すれば問題なくできると思うのですが、最悪はこのサイトが吹っ飛びます(汗)

ま、それはないと思いますが、各記事のサイトアドレスを維持したままサーバーも大きいものに移して運営するということを行いたいので、ひょっとすると数日の間サイトが見られないなんてこともあるかもしれません。

近日中に行うか、年内に行うかも未定です。行わない可能性も結構あったりして・・・。いずれにしても、何日か見られなくなっても「サイト引越し中なのね!」と思って、しばらく待っていただければと思います。

追記:ちなみにアメブロでやっている「韓国時代劇のヒミツ」ですが、1日に6000ユニークアクセスがあります。ページビューは20万超えてます。「韓流スター・ドラマランキング」部門で1年の内300日ぐらいは3万ブログ中1位なのですが、はっきり言って他のブログへのリンクだけです。アメブロってよくわかりませんね~。

韓国歴史系アクセス数40万突破してどうしようかと・・・

[ad#ad-336×280]

スポンサードリンク (sponsored link)   

 - ブログ